2024.07.11

歯磨きでも取れない歯のぬめりを取るにはどうしたらいいですか?

コラム写真

歯磨きでも取れない歯のぬめりはどうしたらいいですか?

歯のぬめり、ぬるぬるはバイオフィルムと呼ばれるものが原因です。
バイオフィルムとは、微生物が歯や粘膜の表面に付着して形成する構造体のことであり、微生物が自身の生産する細胞外マトリックスに覆われて作り出す膜のことです。
このバイオフィルムは、一般的な歯ブラシではなかなか取ることができません。そのため、専用の電動歯ブラシや歯科医院で機械的、化学的に取ります。

歯の表面がヌルヌル・ネバネバする原因

歯の表面がヌルヌル、ネバネバする原因はプラーク(歯垢)です。
食べかすを栄養として口腔内の細菌が繁殖し、白くてネバネバした物質を生み出します。
歯垢は虫歯や歯周病などを引き起こす原因です。歯垢の中にはたくさんの細菌が含まれており、数時間で数百倍に増殖します。
歯垢が同じ場所に数日間付着すると硬い歯石になり、歯ブラシでは取ることができなくなります。こうなると、歯科クリニックで専用の機械を使わないときれいに取ることができなくなってしまいます。

個別相談
こちらから

一般歯科は虫歯や歯周病などのよくあるお口のトラブルに対応しています。
健康できれいな歯を取り戻しませんか?

歯科医院できれいにしたぬめりの無い歯を長持ちさせる方法

歯をきれいに保つことはとても難しく、自分で歯をきちんと磨いていても歯垢の磨き残しは存在しています
それゆえに、歯科医院で定期的にクリーニングや歯石除去を行うことが必要です。
これを放置して歯科医院に行かないと、遅かれ早かれ必ず歯は悪くなり、虫歯や歯周病などによって最終的には歯がなくなってしまいます
歯がなくなると食事ができなくなり、他の病気が急速に進行します
このような事態を避けるためにも、歯科医院での定期健診が必要で、定期的なクリーニングや歯石除去、虫歯や歯周病などにかかっていないかのチェックが必須となります。

歯のぬめりが気になる方は森都心歯科クリニックにご相談ください

歯のぬめりやネバネバなどが気になる方、詳しく取り方が知りたい方は、ブラッシングや取り方を教えていきますので是非とも森都心歯科クリニックにご相談ください。
親切丁寧に一人一人に合った磨き方や使用する道具などを選んでいきますのでご安心ください。

一般歯科の個別相談はこちらから

一般歯科は虫歯や歯周病などのよくあるお口のトラブルに対応しています。
健康できれいな歯を取り戻しませんか?

アイコン

この記事を監修した歯科医師

堀尾 愼一郎 森都心歯科クリニック 院長